日本の世界遺産めぐりのTOPに戻る
「日本の世界遺産めぐり」トップ > 日本の世界遺産 暫定リスト

日本の世界遺産 暫定リスト

世界遺産暫定リストとは、5〜10年以内に世界遺産への登録を目指す物件として、各国がユネスコ世界遺産センターに提出するリストのことです。 世界遺産に登録するためには、原則として、暫定リストの中から・・・
神奈川県にある鎌倉の大仏、鶴岡八幡宮、建長寺などの「鎌倉の寺院・神社ほか」は、1992年、ユネスコの世界遺産候補として暫定リストに登録されました。 鎌倉幕府創設から滅亡するまでの150年間、鎌倉は政・・・
滋賀県彦根市に彦根城は、1992年に世界遺産候補として、ユネスコの文化遺産暫定リストに登録されました。 現在、ユネスコの文化遺産に登録されている「姫路城」と並び、国宝に指定されています。 ・・・
群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、世界遺産登録を目指し、2007年、「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」(奈良県)、「富士山」(静岡県・山梨県)、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎県)と・・・
2007年、世界遺産候補としてユネスコの文化遺産暫定リストに登録された「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」は、奈良県東部の飛鳥・藤原の宮都と明日香村、桜井市、橿原市に点在する関連遺跡群を指します。 ・・・
2007年、世界遺産候補としてユネスコの文化遺産暫定リストに登録された「長崎の教会群とキリスト教関連遺跡」は、長崎県の西部海岸沿いと五島列島の島々に点在する教会群とその関連遺跡を指します。 長崎県に・・・
2007年、世界遺産候補としてユネスコの文化遺産暫定リストに登録された文化財の1つに、東京都台東区の国立西洋美術館があります。 西洋の美術作品を専門とする美術館で、印象派など19世紀から20世紀前半・・・

カテゴリー「日本の世界遺産 暫定リスト」のトップへ↑